gumnut trans

  LONE PINE KOALA SANCTUARY
World’s First and Largest Koala Sanctuary

ロンパインコアラサンクチュアリには、100種のオーストラリア産野生動物が生息しています。
下記の重要な種についての情報を確認し、動物、その生息地、およびそれらを保護する方法について学びます。

  • Default
  • Title
  • Date
  • Random
  • バード・オブ・プレイ (Bird of Prey) は猛禽類(もうきんるい)のことを意味し、 ローンパインではタカ、ワシ、フクロウを飼育しています。 ローンパインでは鋭いくちばしと鉤付けをもった猛禽類のショーを行っています。 メンフクロウ(Barn Owl)やバーキングオウル(Barking Owl)が飛んでいるところを間近で見て楽しんでいただけます。 ワシの大きさとトビの軽快さはスリルと迫力満点です! ショーはネイチャー・キングダムで毎日12時30分より行われます。 ショーの最後には鳥たちと記念撮影をすることができます。
    Read More
  • 羊の犬のショー 羊の犬のショー:午前11時、午後1時&午後3時30分この完全に解説されたショーは、オーストラリアの羊飼育史と農場犬の訓練についての洞察を提供し、熟練した羊の犬ハンドラーと犬の仲間は緑の牧草地で羊を飼う。各セッションの終了時に、ショーの毛皮のような魅力的な星を見る。
    Read More
  • ローンパインコアラ保護区周辺に住む野生のロリキートたちは、一日に2回餌をもらっています。 この餌にはシリアル、オーツ、ビタミンやミネラルなどが含まれており、彼らが自分たちで手に入れる餌のサプリメントとして与えられています。 野生のロリキートへの餌付け時間は毎日朝9時45分と午後4時となっております。 餌の入ったお皿を持ってロリキートの鳴き声を近くで聞いてみてください。 ローパインにはレインボーロリキートだけでは無く色々な種類の鳥たちが遊びに来ます。 レインボーロリキートは独特な泣き声と緑や青、黄色や赤といった派手な色の鳥として知られています。 スケイリーブレステッドロリキートは緑色で、黄色のうろこのような模様が胸にあります。 主な餌は花の蜜や花粉で、舌がブラシのようになっていてフルーツや蜜を食べることができます。 この特別な舌でなんと5000種類もの花や植物から蜜を食べることができるのです! 夏にはロリキートたちがローンパインの噴水で水浴びをしているのを見る事が出来るかもしれません。 そのほかにもローンパインではイースタンウォータードラゴンやスクラブターキーを見ることができます。
    Read More
  • 5ヘクタールのカンガルーリザーブでは130頭以上のカンガルーとワラビー、そしてエミューたちが放し飼いにされています。 ここでは午前 9:00 から午後4:30 までカンガルーとワラビーに餌付けができます。 カンガルー、ワラビーの餌は園内売店にて$2で販売しております。 カンガル ーリザーブの動物たち。イースタングレイカンガルー、レッドカンガルー、エミューもいるよ!
    Read More
  • ローンパインは、1927年に世界で最初にオープンし、 現在は約130頭のコアラを飼育している世界最大のコアラサンクチュアリーです。 開園の午前10:00am* の間いつでもコアラを抱っこして写真を撮ることができ、お写真の料金は1枚$25となっております。 *Subject to availability. 
    Read More
  • カンガルーとワラビー 力ンガルーは大きな群れ をつくって生活する動物で、オーストラリア国内でおよそ50種もの力ンガルーがいます。力ンガルーは時速65km 、そして4 m の高さでジャンプすることができます。速く走れば走るほど、飛べば飛ぶほど、彼等のエネルギーは効果的に使われるような仕組みになっています。足のア キレス健はジャンプする時のバネとして、長い尻尾は平衡感覚を保って立つために機能しています。オスの力ンガルーはメスの2 倍の体重になることもありま す。 その名の通り、オースト ラリアで最も美しいといわれるワラビーです。プリティフェイス(可愛い顔)と呼ばれるこのワラビーの名前は、その黒と白の縞模様の愛らしい顔と、すらりと 伸びた尻尾から付けられました。多くのワラビーは夜に活動しますが、プリティフェイスは昼間に動き回ります。冬の間は陽当たりの良い丘陵に、夏には日陰の 涼しい場所を見つけて暮らしています。
    Read More
  • レインボーロリキート レインボーロリキートはオーストラリア東部の森林地帯、特に低地の花が咲く木の近く にたくさん住んでいます。水分の多い果実や種、花の蜜や昆虫などを食べます。木のくぼみの枯れ葉の上や、水際にある木の穴に卵を産みます。口リキートは自 分の舌をブラシのように使って花の花粉をはらい落し、蜜を食べます。 ガラーまたはモモイロインコと呼ばれるこの鳥は、オーストラリアのオウムを代 表する種類で、40 年以上も生き続けます。つがいは生涯相手を変えず、木の穴の中で子供を育てます。巣を作らずに、餌を求めて何百kmも飛び回ることもありますが、子供を産 む時には、毎年同じ巣にもどって来ます。非常にすばしっこい鳥で、毎時70km以上で飛ぶこともできます。 地上で集めてくる植物の種が主食で、時々まるでふざけているように空中でアクロバットを披露することがありますが、オーストラリア人が「ガラーの真似をするのはやめなさいJ と言ってふざける人を怒るのは、ここから来ています。
    Read More
  • ウォンバット ウォンバットはオーストラリア南東部一帯の雑木林や森林地帯に住み、黒や灰色の、かたい針金のような毛で体を覆われています。夜行性の動物なので、 日中は穴の中で過ごし、夜になると彼らの餌である草や木の皮、植物の根などを探しに穴から出ます。またウォンバットの歯は一生伸び続けるとされています。 ウォンバットの穴には他のウォンバットがやって来たり、時には複数のウォンバットがに同じ穴に住むこともあります。メスはオスよりも少し重く、30 ~ 40k もあります。ウォンバットはコアラと同じようにお腹に下向きに開いた袋があり、コアラに一番近い親戚とされています。
    Read More
  • コアラ 1908 年から1927 年の間に、200 万頭以上のコアラが商業用に捕獲されてしまい、その数は減ってしまいました。現在では野生に生息する コアラは2 万頭とも8 万頭とも言われており、正確な数字はわかっていません。コアラの体を覆う密度の高い毛は、水分をはじき、他のどの有袋類よりも保 温性に優れています。他の動物に比べて、コアラにはあまり敵は多くないのですが、ディンゴ(野犬)や大トカゲ、猛禽類の餌食になってしまうことが時々 あ ります。また、子供のコアラは蛇やきつねにもに狙われることがあります。コアラは人間が生活するすぐ近くのユー力リ林の中で、その愛らしい姿を見せてくれ ますが、一方で、宅地造成、森林開発といった一連の自然破壊がコアラの生息地を脅かしたり、また、飼い犬や飼い猫、車両などによる小さな不注意がコアラの 生活を脅かしたりしていることも否定できません。車に様かれたコアラを車道で見たり、飼い犬がコアラを襲った例も少なくないのです。 コアラは有袋類、コアラ科に属する動物です。コアラの繁殖期は春から夏で、雌のコアラは普通1 匹だけ子供を産みます。お母さんのお腹の中で33~35 日間の妊娠期間を経て生まれてくる赤ちゃんは、未成熟の状態で、体長は約2 cm、体重は0 . 59 g とたいへん小さく、毛もなく、目も見えず、後ろ足の一部がやっとできかけている状態ですが、たいへん強い前足を持っています。生まれるとすぐに、赤ちゃん
    Read More
  • カモノハシ カモノハシとハリモグラは、世界で唯一の卵をかえす哺乳類動物です。かれらはクイーンズランド東部、ニューサウスウェールズ、ビクトリア、タスマニア、サウスオーストラリア南東部の淡水に生息しています。 体長約60cmにまで成長し、一番の特徴はカモのようなくちばしです。これは敏感な器官で、 食べ物を見つけたり、足跡の追跡したり、周囲の状況を確認したりする際に使われます。カモノハシは陸上にも姿を見せますが、主に水中で生活し、水生昆虫、 ミミズ、オタマジャクシ、甲殻類、その他の水生小動物を餌としています。カモノハシはとても早く泳ぐことができ、ビーバーのような尾をつかって泳ぐ方向を コントロールすることができます。カモノハシが水面に浮かぶとき、鼻づらと頭の上部、それに体だけを先に浮かすので、流れ木が浮かんでいるように見えるこ とがあります。日中は水辺の近くに作った曲がりくねった穴の中で眠っています。穴の長さは約28mに達成するものもありますが、平均的なものは4.5mか ら9mぐらいです。 繁殖活動は春に行われ、妊娠したメスは自分の巣穴に閉じこもります。繁殖穴の奥くには巣ごも り室があり、ここでメスは草や葉などで巣を作ります。卵を産んで孵化する間、メスは穴を土で閉塞し、巣ごもり室の内側に閉じこもります。メスは2,3個の
    Read More